高精度樹脂金型・微細加工の近畿精工

INTERVIEW 近畿精工’s Real Voice

MCグループ
金型部品・金属部品加工
設計グループ:サブリーダー
金型設計・モデリング

金型部品・金属部品加工

西 晃佑
2016年度入社|MCグループ
西 晃佑 2016年度入社|MCグループ
毎日明るく元気に!
私の
モットー

試行錯誤を繰り返しながら、どんな加工でもできるようになりたいです。

■近畿精工に入社した理由
自分にとっての「やりがい」を見つけられると思ったからです。
■今、こんな案件・加工を手掛けています
新しく導入された横型マシニングセンターを使い、金型部品やアルミ部品加工、モールドベース加工など、できる仕事の幅が広くなり様々な加工をしています。
■仕事を始めて嬉しかったこと
アルミ部品の加工を行った際、なかなか思うようにいかず、何度も段取り(セット)をやり直すことがありました。また、アルミに熱を持たすとアルミが反ってしまい、変形してしまうので段取りも加工も大変でした。しかし、ミクロン精度のアルミ部品加工が完成した時は、達成感と嬉しさを強く感じることができ、これからもどんな仕事でも頑張ろうと思いました。
■この仕事の醍醐味ややりがい
自分が加工している物が色々な人の為になっていると思うと、やりがいを感じることができ、自分自身の成長にもなっていると思います。
近畿精工とは……「挑戦」の会社です!

M/C加工プログラム作成

寺下 智巳
2001年度入社|MCグループ サブリーダー
寺下 智巳 2001年度入社|MCグループ サブリーダー
継続は力なり!
私の
モットー

「現状に満足せず、新しいことに挑戦していく。」

■近畿精工に入社した理由
金型は未経験ではありましたが、ものづくりをしたくてこの会社を選びました。
■今、こんな案件・加工を手掛けています
5軸加工を始めました。
■仕事を始めて嬉しかったこと
自分のミスで会社や同僚に迷惑をかけることが一番辛いです。
しかし、自分が作成したプログラムで加工が無事に終了した時は、いつも嬉しいです。
■この仕事の醍醐味ややりがい
同じ加工というものがほとんど無いため、常に緊張感をもって仕事が出来ます。
近畿精工とは……「スペシャリスト」の会社です!

ワイヤー放電加工

小倉 祐一
2004年度入社|EDMグループ  サブリーダー
小倉 祐一 2004年度入社|EDMグループ  サブリーダー
どうすればできるかを考える!
私の
モットー

「手強い仕事が増えてきているので、 一つ一つノウハウを蓄積していくこと。」

■近畿精工に入社した理由
以前からものづくりは好きでしたが、「金型」はどういう物なんだろうと興味を持ったからです。
■今、こんな案件・加工を手掛けています
守秘義務で詳しくは言えませんが、世界に打って出る製品の金型を手掛けています。
■仕事を始めて嬉しかったこと
難しい仕事だったり、失敗する事もありますが、相談やフォローし合える上司、同僚がいるので「辛かった」で終わった事がなかったです。
そして、自分たちが手掛けた金型で作られた製品を日常生活の中で見かけ、それを家族に話せるということはとても嬉しく感じます。
■この仕事の醍醐味ややりがい
多くの取引先に恵まれ、業界初の製品となる金型を手掛けられることに、とてもやりがいを感じます。
近畿精工とは……「チャレンジ」の会社です!

三次元CADを使用しての金型設計、モデリング業務

寺本 昌弘
2010年度入社|設計グループ サブリーダー
寺本 昌弘 2010年度入社|設計グループ サブリーダー
問題を解決するのは、”誰か”ではなく”自分”
私の
モットー

「お客様の夢を実現化できる金型設計者へなること。」

■近畿精工に入社した理由
前職CADオペレーターをしていたので、そのスキルを活かし、設計者へのステップアップを目指せると考えたからです。
■今、こんな案件・加工を手掛けています
最先端の自動車部品の金型を手掛けています。
■仕事を始めて嬉しかったこと
自分の知識不足や不注意でミスをしてしまうことが辛いです。
しかし、その度に会社の仲間に助けて頂けています。
例え、難しい案件であっても、お客様、社員一同で協力することによって実現化できることは、嬉しく感じます。
■この仕事の醍醐味ややりがい
単なる仕事ではなく、お客様から信頼を得て仕事ができること、満足頂ける製品を提供できることにやりがいを感じます。
近畿精工とは……「イマジネーション」の会社です!
挑戦し続ける。そのステージが近畿精工にはある。
採用に関するお問い合わせはこちらから
会社概要
製品実績
設備一覧