高精度樹脂金型・微細加工の近畿精工

ミクロンレベルの高精度樹脂金型

ミクロンレベルの高精度樹脂金型

一年を通して24℃±2℃に空調された工場のもとで、加工誤差0.01mm以下の高精度な射出成形金型の設計製造を行っています。
15~220tクラスまで対応可能です。複雑な機構や構造の製品などありましたら、是非ご相談下さい。

見えない形を創る微細加工技術

見えない形を創る微細加工技術

肉眼では見えない工具を使用して、見えない形状の製品を創る微細加工技術で、医療業界向けマイクロニードルやマイクロ流路などの加工実績があります。
直径0.02mmのワイヤー放電や5軸マシニングセンターなどを駆使し、難形状の微細加工にも挑戦しています。

KINKI’s Teamwork

近畿精工はお客様の課題を解決するために、設計者と現場で活躍するメンバー全員の「総合力」でお応えします。
一人一人が課題に真摯に向き合い、「できない」を「できる」にするため、トライ&エラーを繰り返し挑戦し続けます。
そして、難しい機構や構造・サイズ・形状などの製品を実現するべく、一丸となって金型を作り上げていきます。
これが、近畿精工の「総合力」です。

会社概要
製品実績
設備一覧

新着情報

2018年8月31日
2018年10月3日~5日に、インテックス大阪にて開催されます『第21回関西機械要素技術展』に出展致します。
2018年8月1日
ホームページをリニューアルしました。